PROFILE

作曲家:ジョン・ウィリアムズ John Williams

映画「スター・ウォーズ」「E.T.」「ハリ・ポッター」等、映画音楽の作曲家、指揮者。
ジュリアード音楽院のピアノ科を卒業後、ジャズピアニストとして自らの楽団を結成。後にハリウッドに渡り、スタジオミュージシャンとして映画会社で働く。この時にヘンリー・マンシーニ・オーケストラの「ティファニーで朝食を」や「ピンクパンサー」等のサウンドトラック録音にピアニストとして参加。
「屋根の上のバイオリン弾き」(1971年=アカデミー編曲賞)、「ポセイドン・アドベンチャー」(1972年)等の音楽担当として注目され、スティーヴン・スピルバーグ監督の「ジョーズ」(1975年)の音楽がアカデミー作曲賞を受賞。名実ともに映画音楽の第一人者となる。
50年以上に渡って映画音楽を手掛け、アカデミー作曲賞の他、グラミー賞やエミー賞等、数多くのアワードを受賞し、今もなお映画音楽の第一線で活躍を続ける巨匠。
2019年12月公開予定の「スター・ウォーズ」最新作やアメリカでオープン予定のテーマパーク「STAR WARS : Galaxy’s Edge」でも音楽を担当している。

 

指揮者:新通英洋 Hide Shindori

桐朋学園、モスクワ音楽院において指揮を学ぶ。秋山和慶、小澤征爾、尾高忠明、黒岩英臣、高階正光、L.ニコラィエフ、V.シナイスキー各氏に師事。
英国ロイヤルオペラハウス、イングリッシュ・ナショナルオペラ、BBCウェールズ交響楽団等のリハーサルで研鑚。
第5回フィテルベルク国際指揮者コンクールにおいて第2位ならびに特別賞受賞。
2015年からロイヤルバンコク交響楽団に客演を続けており、バンコク・ポスト紙で「オーケストラと指揮者の出会いはお互いに本当に幸福だった。ロイヤルバンコク交響楽団と彼の真の勝利体験に観客は熱狂した」と絶賛された。
2017年9月、台湾・香港・アメリカ・日本の医師たちによって結成された第1回アジアンドクターズオーケストラ日本公演に参画し、小児がんの子どもたちを支援するチャリティーコンサートなど音楽による社会福祉やボランティア活動にも力を注いでいる。
大阪音楽大学特任教授。

HP: https://hope.themedia.jp/